ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

最後は1mのパットが外れ…時松隆光は無念の逆転負け

2018/06/03 20:55


◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 最終日(3日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

3連続バーディスタートから一転、時松隆光は上がり2ホール連続ボギーで初のメジャータイトルを取り逃した。最終18番は1mちょっとのパーパット。カップ左を通り抜けた球を、時松は呆然と見送った。

前組の市原弘大が、18番でチップインバーディを奪って首位に並んだ歓声は、18番ティの時松にまで届いていた。それでも、得意のフェードボールでフェアウェイをキープ。2打目は「190ydちょっとのアゲンストで5I」。手前のバンカーも寄せワン可能という決断でピンを狙い「これ以上ないショット」だったが、わずかに届かずバンカーに吸い込まれた。

今週は長いパットも、短いパットも、ことごとくカップへと沈めてきた。最後のパットも打った瞬間は「入ったと思った」という感触だった。「何かがまだ足りないですね」と答えを探すように視線を落とした。

悔やんだのは、6番(パー5)のセカンドショット。左ファーストカットから3Wでグリーンを狙ったが、右からの風にもあおられて左OBへと消えていった。直前には1Wで打つ素振りも見せており、「直ドラだったらOBはしていなかったと思います。振りにいったら、引っ掛かりました」と勢いを止めてしまった想定外の一打を悔いた。

それでも、今大会終了時点の賞金ランキングで1位に浮上し、「全英オープン」出場権を獲得した。表彰式に呼ばれると、隣で勝者の市原を「何とも言えない気持ちで見ていた」という。「改めて痛感するものがありました。でも、『自分がいずれあそこに』という気持ちにはなりました。まだ緊張に打ち勝つというのが全然足りない。(パターなど)ちっちゃくなればなるほど、そういう心の揺らぎでちょっとずれると思う」と悔しさを噛みしめた。

「でも、そういうのが勉強になると思う」。負けることもまた勉強。時松は敗戦を正面から受け止めた。(茨城県笠間市/今岡涼太)

関連リンク

2018年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。