ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

「間にあった」とは?宮里優作が初の選手会長賞金王へ照準

2017/12/02 18:21


◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目(2日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

賞金王が決定するツアー最終戦。最高の舞台は自身の力で整えた。「やっとこさ、間にあったかな」と、納得顔でうなずいたのは宮里優作。この日、1イーグル3バーディの「65」で回って、通算7アンダーの首位に浮上。自身初、そして現役選手会長としても初めての賞金王へ前進した。

<< 下に続く >>

「(プレッシャーは)ありますね。ありましたけど、退路はだいぶ前に断ちました」と宮里は言う。優勝しか道はない。初日、2日目と「69」を続け、この日は一気に「65」。前日まで安定しなかったパッティングも「ハンドファースト気味に押していくイメージ」にしたことで復調した。「タッチ感が出てきた。(入るまで)待てる感じだった」と振り返った。

4番では6mのパーパットをしぶとく沈めた。6番(パー5)では、グリーン左7ydからのアプローチがピンに当たってカップイン。「ラッキーでした。チャックリしそうなライだったので、2mくらいオーバーしてもいいかなと思って打ったら、強めに出たけど入ってくれた」と、イーグル奪取に驚いたように目を見開いた。

快進撃は止まらない。9番では2打目を1mにぴたり。折り返し後の14番では、2打目が上空を横切る電線に当たって打ち直しとなり、「あれは入っていたと思うな」と冗談めかして笑ったが、(無罰で打ち直した)2度目の2打目も、ピン手前2mにつけてバーディとした。秋晴れの青空を華麗に切り裂くショットに、4000人を超えるギャラリーが拍手を送った。

今週初のノーボギー。「間にあった」という言葉が、状態の良さを物語る。「こういうプレッシャーの中でやって、どこまで自分が行けるかという、良い経験をしていると思う。よくここまで3日間つないだなというのはある」。大きく息をはき出し「やっとスタートラインに立ったのかな」

賞金王を争う小平智が宮里の応援に回ったと伝え聞くと、「それは、(12月の)結婚式でたくさん包めということですね」と切り返した。「まあ、どっちが賞金王になっても盛り上がると思う。夫婦で賞金王も良いと思う」と、選手会長らしく話を結んだ。(東京都稲城市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフ日本シリーズJTカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!