ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

半袖姿の19歳 キム・シウーの“弟分”は時差ボケで優勝争い

2017/11/11 19:04


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

45回目を迎えた伝統の大会で、未完の大器が優勝争いに居座った。任成宰(イム・ソンジェ/韓国)は、現在米下部ツアーの来季出場権をかけた予選会に出場中の19歳。参戦2年目の日本ツアーで初勝利に向け、単独2位で54ホールを終えた。

夕方になるにつれて急激に気温が下がった御殿場コース。凍えるような寒さの中、スコア提出所を出てきた任は、半そでのポロシャツ姿だった。シード1年目の今季、前週までの20試合でトップ10入り8回。賞金ランキング14位につける期待の若手はこの日、2バーディ「70」でまとめ、通算13アンダーにスコアを伸ばした。

「リーダーボードは見ないようにしようと思っていても、目に入っちゃいますね。きょうは最終組の緊張感をプロの世界で味わえました。3日間でボギーがひとつだけ。あしたはパットがたくさん入ってくれるといいですね」。首位のスンス・ハンには1打差につけた。

韓国で多くのジュニアタイトルを獲得し、2015年末に日本ツアーの予選会を通過。早くも今年は、米下部ウェブドットコムツアーの予選会通過を目指して奮闘している。

前週にカリフォルニア州で行われた3次予選を突破したばかり。通過圏外で迎えた最終日、スコアを8打(そのうち、バックナインで7ストローク)伸ばしてみせた。今週は開幕2日前の7日(火)に日本に入った。今大会は初出場で、事前ラウンドは9ホールを回っただけだった。時差ボケは「1日10時間くらい眠ったりして」、ようやく治りつつある。

現在の韓国ナンバーワンプレーヤー、米ツアー2勝、世界ランキング45位のキム・シウーと同じマネジメント事務所に所属する。「(キムが)去年、PGAツアー(ウィンダム選手権)で初めて勝って『いいなあ』と思って。今年また(ザ・プレーヤーズ選手権)で優勝して、行きたい気持ちが強くなった」と、太平洋の向こうへの思いは日々大きくなるばかりだ。

12月の最終予選会は日本ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」に出場後に臨むつもり。日本ツアーでのタイトルを勝ち取れれば、きっと自信になる。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!