ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

1Wを握ったのは2ホールだけ 石川遼は試行錯誤のイーブン

2017/10/20 17:35


◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 2日目(20日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉)◇7119yd(パー71)

国内ツアー復帰2戦目を迎えた石川遼は2バーディ、2ボギーの「71」で回り、イーブンパーの45位タイと出遅れた。不振の1Wを使用したのは18番、9番(いずれもパー5)の2ホールだけ。3Wでのティショットを繰り返し、ゲームメークとスイング修正に努めた。

大会初日の中止により、1日遅れで始まった第1ラウンド。ぱらつく小雨の下で、石川は自らの“代名詞”とも言える武器を鞘にしまい続けた。開幕前に「1Wよりも3Wの方が良いスイングができている」と宣言したとおり、第1打で3Wを多く選択。前半11番で左のセミラフからピンそば2m、13番で左ラフから1.5mにつけて2バーディを先行させたが、その後は耐える展開が待っていた。

石川はティアップした状態から、好天では3Wでキャリーを平均270~275yd出す。このコースは必ずしもビッグドライブが求められるわけではないが、同組のマット・クーチャー宮里優作の両者が1Wを握りながら、石川が3Wで打ったホールは14番以降で6ホールあった。

セカンドショットで多くオナーを担当し、チャンスをなかなか作れない。「3Wは芯より下の方に当たったり、フェースが上を向いて当たるようなミスショットが多かった」と、1W以外のクラブでのフェアウェイキープ率も50%(12ホール中6ホール)と安定感を欠き、2m弱のパーパットを外した後半3番、7番でボギーをたたいた。

この日、3Wを多用したのは、1Wショットの安定しないスイングを修正するのが狙い。1Wを握った最終9番のティグラウンドでは「これだけドライバーを打たないと楽しみだった」という。ボールは左ラフに大きく曲げる結果となったが、「今までは振れなかったり、ボールに合わせたりして、ドライバーで打つワクワク感がなかった」と、久々に得る感覚もあった。「ミスになったのは残念でしたけど、『曲げないように』という守りに入ったスイングではなかった。ああいうアグレッシブなスイングをしないといけない」

ラウンド後は雨が降るドライビングレンジで、この日も1Wと3Wを繰り返し打ち込み。「ネガティブなところが見えてくる時期。目をつぶるのではなく、ひとつひとつ解明する時期にしたい」。懸命な試行錯誤はまだ続く。(千葉市緑区/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。