ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

トレーナーに10kg増を指令 高山忠洋は腰痛解消へ光明

2017/09/21 18:28


◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 初日(21日)◇カレドニアン・ゴルフクラブ (千葉)◇7100yd(パー71)

10個のバーディが並ぶ華やかなスコアが復調の証しだ。シーズン前半は腰痛に苦しんだ高山忠洋が10バーディ、1ボギーで自己ベストを1打更新する9アンダー「62」をマークし、2012年「コカ・コーラ東海クラシック」以来となる首位発進を決めた。

<< 下に続く >>

4月中旬に悪化したという持病の腰痛。国内初戦の「東建ホームメイトカップ」から2試合連続予選落ちとつまずき、5月下旬「ミズノオープン」では途中棄権。新しいトレーナーを迎えた6月から症状は少しずつ回復し、2週間前「ISPSハンダマッチプレー選手権」では5マッチを勝ち抜いて3位に入った。

前週は休養を取り、「3日間で3時間ずつ」とたっぷり時間をかけて腰のケアを行った。「ハリと電気、オイルマッサージ。腰だけではなく全身です」という入念なケアの甲斐もあり、体はすっかりリフレッシュ。好調なショットにパットがかみ合い、「自分でもビックリしている」というビッグスコアに結び付けた。

「良い方向に向かっている。今のトレーナーが一生懸命に頑張ってくれているおかげ」と感謝の言葉を贈ったのは、6月「日本ゴルフツアー選手権」から専属トレーナーになった塚田昇起さん(30)。前日のプロアマラウンド後も2時間30分、今朝のスタート前も1時間20分ほどかけて腰のケアを行った。

「僕の注文をぜんぶ受けとめてくれる」という1つには、“体重を10kg増加”という要望も含まれていた。「彼は細かったので(マッサージなどで)体重が乗ってこない。まずはそこから」。指令を受けてからの塚田さんは1回の食事量を増やし、ときには「吐きそうなほど食べた」(塚田さん)こともあったという。3カ月前は70kgだった体重は75kgにアップし、早くもノルマの半分に達した。

「彼なくしては戦えない。感謝しています」という高山の言葉を塚田さんに届けると、「ありがたいですね」とニッコリ。お互いの努力が報われる日を信じて、2人の数時間にわたるラウンド後の戦いはきょうも続く。(千葉県横芝光町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!