ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

初の賞金王「100点満点とはほど遠い」 池田勇太が“上の上”を求める理由

◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(4日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

「達成感はあるが、100点満点とはほど遠い。“中の上”ですかね」。2007年末のプロ転向からツアー参戦9年目。30歳で初めてつかんだ賞金王にも、池田勇太の中に心からの喜びはなかった。

優勝して賞金王を決められなかった悔しさが、セレモニーを終えてもなお池田の胸中をくすぶり続ける。2位からスタートした最終日に「66」と伸ばしながらも、通算12アンダーと優勝スコアには1打及ばず。入れればプレーオフとなる最終18番(パー3)では、下りの5mのスライスラインを読み切りながら、わずかにショートし、今季6回目の2位に甘んじた。

2015年5月に他界した祖父・直芳さんから、厳しく言いつけられた言葉がある。「2位もビリも一緒。優勝しなけりゃ意味がない」。祖父がほめてくれるのは、大会で優勝したときだけ。池田が優勝に強いこだわりを口にし続けるのは、祖父の影響が多分にある。

今季3勝を挙げた選手は、池田のほかには谷原秀人キム・キョンテ(韓国)。理想としていたのは、単独の最多勝で賞金王争いのゴールテープを切ることだった。「やっぱり、プロは勝ってナンボ。2位が6回あってもうれしくない。最多勝で賞金王になれば、オレの中の“上の上”」。最終18番のバーディパット。決めていれば今季4勝目の可能性につなげられただけに、外したときの失望は大きかった。「誰よりも勝って、賞金王を獲りたい。それが自分の目標なのかもしれない」。素直に喜べない理由は、そこにある。

それでも「やっと獲れたという感じ。1年間の頑張りが積み重なったものだと思う」と、充足感はもちろんある。気になるのは、墓前に報告したときの祖父の反応だ。「また厳しい言葉が返ってくると思うけれど“良くやった”の一言くらいは欲しいかな」。長く厳しかったシーズンを終えて人心地がついた30歳は、静かに微笑んだ。(東京都稲城市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ゴルフ日本シリーズJTカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。