ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

首位維持の松山英樹が怒りでクラブ折る?左手首に違和感も

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

松山英樹が7バーディ、1ボギー「66」で回り、通算13アンダーとして単独首位を守った。2日間トップを維持する展開にも「うまくいかない部分もありました」と、淡々と言った。序盤で左手首のケアが必要となり、万全ではなかった。さらに中盤ミスショットで怒りをあらわにし、クラブを折る場面も見られた。

異変が起きたのは4番を終えた後。橋を渡って次の5番ホールに向かう途中、飯田光輝トレーナーが松山の元に駆け寄った。1分間ほど、左腕をほぐし続けた。松山は痛みを確かめるように左手をブルブルと振った。左手首にテーピングを巻いてプレー。このホールは、パーで切り抜けた。

だが、続く6番ティに松山の姿はない。同組の谷原秀人比嘉一貴(東北福祉大3年)がティショットを打っている間、一人離れて飯田トレーナーの施術を受けた。小走りでティグラウンドに戻ると、このホールで約50センチにつけるバーディを奪った。だが、その後も自ら腕をほぐした。

飯田トレーナーは「少し張りが出た。でもチームを組んで3年間、いろいろと経験してきたので動揺することはなかった。英樹も大ちゃん(キャディの進藤大典氏)も動揺してなかったので安心した」と話した。

13番(パー3/203yd)では、ティショットをグリーン手前のバンカーに入れると、悔しさから、使った7Iを身体の重さに任せてへし折った。「悔しくて体重を乗っけたのですが、ちょっと自分が重すぎました。次からはミスショットしても、もう少し穏やかにします」と苦笑いで反省した。

終盤5ホールで4バーディを奪うのは世界7位の実力。「いい形でフィニッシュすることができて良かった」と及第点を与えた。左手首について「健康です」と残して、会場を後にした。(静岡県御殿場市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。