ニュース

国内男子HEIWA・PGM選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3Wで300yd!首位発進は190cmの大男、心は繊細?

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日(3日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7214yd(パー70)

身長190cm、体重96キロの巨漢、31歳のウォンジョン・リー(オーストラリア)が難コースで、7つのバーディを量産。「64」でプレーして6アンダーとし、後続に2打差をつけてトーナメントを滑りだした。

<< 下に続く >>

フェアウェイが狭く、林によってホールがセパレートされている総武カントリークラブ。ツアー屈指の飛ばし屋として腕を鳴らす選手にとって、ティショットを曲げれば致命的なミスを誘発するコースセッティングだ。

リーがこの日、ティショットで多用したのは3Wと2Iの2本。驚くのは、3Wの平均飛距離が「300yd」であることだ。ちなみに2Iのティショットの平均飛距離を聞くと「265yd」だった。では1Wでは?「今は1Wの調子が良くないから、3Wの方が飛んでいるかもね」。パワーの底力は計り知れない。

バーディホールは全て3m前後につける“完璧”なゴルフを展開。「きょうのラウンドは非常に満足している」と強面?な様相は一変、目尻を下げて人なつこい笑顔を見せた。

開幕前日は冬のような寒さで「ちょっと風邪気味」としながら、ニット帽にミトンを装着して練習場で1Wを振り回していた。痛み始めた節々に「歳は31歳だけど、体は60歳」と、ジョークも飛ばせるユーモアたっぷりの性格だ。

現在の賞金ランクは55位。「スタッツや、ランキングを気にする性格ではない。だって、良いプレーをすればついてくるものだから」。小さくて身近なゴールを積み上げれば、最終的に大きなゴールにたどり着ける、それがゴルフの信念だという。大きな体で心は繊細。でも本人曰く、ゴルフ以外ではなんの緊張感も、ナーバスさもないんだとか…。(千葉県印西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 HEIWA・PGM選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!