ニュース

国内男子HEIWA・PGM選手権の最新ゴルフニュースをお届け

良くも悪くも、普通でもない?藤田寛之が最終戦切符へ意欲

2016/11/03 17:35


◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日(3日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7214yd(パー70)

今季未勝利の藤田寛之が4バーディ、1ボギーの「67」でプレーして、4人が並ぶ3アンダー6位につけ、今年7月の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」(5位)以来の上位発進を決めた。

<< 下に続く >>

1番で約1.2mのチャンスを決めきれず、6ホールでパーを重ねて迎えた7番。5Iで放ったフェアウェイからの第2打をピンそば1mに絡めてバーディを先行。続く8番(パー5)ではピン右から6m、9番では2段グリーンの下から約8mを沈めて3連続とした。

後半10番ではグリーン手前花道横からのアプローチを4mショートしてピンチを招いたが、これを沈めてパーセーブ。13番で再びバーディを奪った。最終ホールで、右に切られたピン位置を狙った第2打は、左からのアゲンストの風を警戒して、引っ掛けて左サイドにオン。ピンまで約20mを3パットとしてボギーフィニッシュとした。

「ゴルフの調子?良いとは言えない、普通とも言いたくない。悪いとは思いたくないんですよ。悩んでいる人の特徴でしょう」と自嘲気味だ。好発進にも「すべてにおいて合格点に届いていない」というのが自身の評価。「きょうは無難な内容だったけど、フェアウェイに運べて、パターも入ってくれて。いいスコアが出るときはこんな感じ」と、控え目ながら頬を緩ませた。

今季ここまで予選落ちは2試合にとどまるが、トップ10フィニッシュは5月の「関西オープン」(8位)の1度だけで、賞金ランクは現在40位。3週後の「カシオワールドオープン」終了時点の賞金ランク20位以内と今シーズンのツアー優勝者に与えられる、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の切符に厳しい状況が続いている。

「今週を含め、残り5試合になるように終盤戦で頑張りたい。(最終戦出場には)トップ10やトップ5に入っていかないと。そこを目指してやっていきたい」。10~12年には大会3連覇を果たしている最終戦へ2年ぶりの出場を懸け、静かに、闘争心に火を点けた。(千葉県印西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 HEIWA・PGM選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!