ニュース

国内男子HEIWA・PGM選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3年間で+30yd?今平周吾の平均飛距離が伸びたワケ

2016/11/03 18:54


◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日(3日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7214yd(パー70)

今シーズントップ10は8回、賞金ランク8位につける今平周吾が、初優勝に向けて好発進だ。5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、4アンダーとして首位と2打差の好位置でスタートした。

ティグラウンドからランディングポイントを見渡せるものの、落としどころがカギとなるホールが続く難コース。だが、今平は「ティショットが打ちやすい。フェアウェイは狭いけど、その分、狙いを絞っていける」。ティショットを曲げても「ライが良かったので運が良かった」とラッキーも手伝って、好スコアを後押しした。

今週から1Wのヘッドをタイトリスト 915 D2から、タイトリスト 917 D2に変更した。「気分転換。あまり良い感じでティショットを打てていなかった」ためだ。ロフト角も9.5度から8.5度に変え「気持ち良く振れているし、飛距離も15~20yd伸びた」という。

以前、同社の913 D2から915 D2に変えたときも同じくらい飛距離が伸びた。「約3年で30yd伸びた感じ」と、身長165cmの小柄な体躯ながら、この日の平均飛距離は計測ホール10番、13番でいずれも290yd前後を記録し、全体8位となった。

「きょうは長いパットが入ってくれた」と1番で6m、10番では7mを沈めてバーディをもぎ取ったが、「ショットでチャンスメークにつなげられていない。アイアンショットも良くはないけど、もう少しピンに絡めていきたい」と残り3日間の戦いを見据えた。

「シーズンも残りわずか。1試合でもチャンスのある位置で3日目を終えて、優勝争いしたい。今週もチャンスはある」。目指す目標は1つ。初優勝に向かって淡々と歩を進めるだけだ。(千葉県印西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 HEIWA・PGM選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!