ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

まだ3日目のジャッジとは?藤田寛之「日本を代表する大会」で2季ぶりVへ2差

茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで行われている「日本ツアー選手権 森ビル杯」は3日目を終えて、通算1アンダーのJ.B.パクパク・サンヒョン(韓国)を首位にして3打差以内に11人がひしめく激戦となった。連日「71」(パー71)の谷原秀人が1打差の3位。さらに1打差の4位タイに「70」をマークした藤田寛之がつけている。

「きょうはムービングデーのピンポジションだ」。スタート直前、大会を主催する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長に声をかけられた藤田。予選ラウンドで続いたサディスティックなセッティングから少しでも解放され、ビッグスコアも可能なコンディションを望んだが、終わってみれば「めっちゃ難しかったです」。疲労感は前日2日間となんら変わらない。だからこそ「結果的に伸ばせたのは非常に満足」と話した。

13番(パー3)、8Iでのティショットをピンそば1mにつけ、この日伸ばしたスコアを2ストロークとした。もうひとつ…と期待された15番(パー5)でボギーを叩いたものの、ハイライトは最難関ホールの17番にあった。

左ラフから池越えの第2打、ピンまで残り199ydの場面で一度は6Iでのショットを考えたが、寸前で自重した。「最終日ならともかく、まだ3日目だ」。フェアウェイに60ydだけ進め、残り134ydの3打目でピンの右3mへ。パーパットを沈めると、自然とガッツポーズが飛び出した。

3勝を挙げた2014年シーズン以来のツアー優勝のチャンスが、国内メジャーの舞台で巡ってきた。「この大会も日本を代表する大会になってきた。青木さんが会長になってから初めての(ツアー主催)試合。こういうところで勝つと自信になるし、一目置かれる」。

後続の2オーバー7位グループの日本人選手には小田龍一矢野東谷口徹といった経験豊富な選手が並んだ。どの選手の1打も、試合を刻一刻と左右しそうだ。(茨城県笠間市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。