ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

身長も飛距離も伸び盛り 21世紀生まれの三田真弘は1日4食

国内男子ツアー「関西オープン」が19日、和歌山県の橋本カントリークラブで開幕。14歳で岡山市立京山中3年の三田真弘(さんだ・まひろ)が7バーディ、3ボギー「67」(パー71)でプレーし、首位と1打差の4アンダー2位タイにつける好スタートを切った。

ツアーデビューは当時12歳だった2014年「カシオワールドオープン」。国内男子ツアーで初めての21世紀生まれ(2002年)の出場者として、一躍注目の存在になった。このときは2日間で通算10オーバーを叩き104位で予選落ち。2回目の出場となった15年大会も通算4オーバー(75位)で決勝に進めなかったが、3回目のツアー挑戦で見違えるような滑り出しを見せた。

<< 下に続く >>

その要因の1つに挙げたのが、昨年の「カシオ-」から「20ydは伸びた」という飛距離だ。この半年間で身長は約4センチ伸び、体重は約5キロ増えて、今では176センチ、75キロのガッシリした体型に。急成長に伴い「変わってきた」という1Wの平均距離は270~280yd。「プロと同じくらいの飛距離を打てるようになり、プレーがだいぶラクになった」と笑顔を見せた。

今も「身体を大きくしたい」と1日4食を平らげ、「食欲が落ちているときでも、ご飯は必ずおかわりをする」という育ちざかり。「180センチはないと活躍できないと思う」と言うのは、181センチ、約90キロの松山英樹を理想の体型に掲げるからだ。「将来は世界で活躍して世界ランク1位になりたい」と、大きな夢を口にした。(和歌山県橋本市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!