ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

「恐ろしいです…」片岡とキョンテ、今週3度目の同組で最終決戦

ツアー2勝目を目指す片岡大育に、昨年の賞金王キム・キョンテ(韓国)が迫ってきた。「恐ろしいです。僕は必死にやって、ゲキ集中して5アンダー。前の組を見たら、キョンテは平然とやっていて…」。この日、2人はそろって「65」(パー70)。「中日クラウンズ」3日目を終え、片岡が通算9アンダーで単独首位、キムが通算7アンダーで2位。通算4アンダーで続く3位以下から頭1つ抜け出した。

昨年5月の「関西オープン」でツアー初優勝を飾った片岡だが、ツアー通算11勝を誇るキムは雲上の人。今週は予選2日間を同組で回って、キムから吸収したことがある。

「パットがめちゃくちゃくうまいので、間合いとか雰囲気とかを真似してみた。ヒントというかイメージは良くなりました」と片岡は言う。「まだちゃんとできてないし、恥ずかしい」と、その詳細は明かさなかったが、今週3日間の平均パット数は1.6667で、堂々1位に立っている。

この日もボギーは8番の1つに抑え、9番以降に5バーディを積み上げた。14番は5m、15番は上から1.5mのバーディパットを流し込んだ。

「関西オープンでも、優勝争いするにはパットだと感じた。明日も無理せずパーオンして、パット勝負になるように持っていきたい。ハンデが2つあると思って、少し余裕を持って、あまり気負わずにプレーしたい」。追いかけてくる“鬼”は怖くとも、表情には内なる自信も見てとれた。

一方のキムは、和合はあまり得意ではないという。「ここではいつも、ウェッジが得意な人が上にいる。自分はまだウェッジはそんなに上手くないけれど、今年は今まで一番グリーンが軟らかいから…」。天の恵みに微笑んだ。

今週は風邪気味だったり、背中が痛んだりと、体調は万全ではない。それでも3日間すべてアンダーパーで回っているのは、キム1人。トーナメントの勝ち方も、誰より心得ている。

「(優勝した)東建は4打差で出たけど(追いつかれてプレーオフになった)。下の人にとって2打差はそんなに関係ない。3番、4番が難しい。1番、2番でバーディを獲って、3番、4番でボギーを打たなければ、そこから12番までは全部バーディチャンスのホール。だから、その4ホールが大事になる」と、すでに最終日のイメージも明確だ。果たして最後に笑うのは?(愛知県東郷町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。