ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉 「マスターズ」で目を奪われたもの

永久シードプレーヤーの片山晋呉はプロ20年目の昨年、「通算30勝&生涯獲得賞金20億円突破」を目標に掲げた。勝利数はあと1勝が及ばなかったものの、賞金額のほうはきっちりと達成。ところが21年目の今年は、あえて明確なターゲットを掲げないつもりだという。

目標を公言しないワケは“燃え尽き症候群”の発症防止にある。「数字を立てると、達成したときにえらいことになる。だからただ少しでもゴルフを上手くなっていこうと」。2009年に「マスターズ」で日本勢最高の4位に入り、その後モチベーションを高く保つことが難しい時間が続いた。今年8月にはリオデジャネイロ五輪がある。片山は現在、世界ランキングで松山英樹に次いで日本勢2番手。このまま行けば日の丸を背負うが「相手もあることだからね。まだ考えていない」と淡々と言った。

とはいえ頭から外せない目標もある。来年の「マスターズ」出場だ。昨年末は世界ランク60位で終え、オーガスタ行きの切符をつかむ同50位以内に迫った。「ことしは最終的に50位以内に入っていたい」という思いは人並みではない。

前週のテレビ中継を見たのは4日間で「トータルで2時間」ほど。松山の活躍はもとより、58歳のベルンハルト・ランガー(ドイツ)の躍進ぶりに目が行った。「これから松山やスピースを目指しても体が壊れちゃう。やっぱり僕はランガーでしょう。あの年で…。ずっと同じスイング、同じことをやり続けることは大変なこと」。

14日(木)に国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」初日を迎えるが、片山は年明けのアジアシリーズはもとより、今年に入って既に多くの海外試合に出場してきた選手のひとり。世界的ベテランからも刺激を受けて、再びオーガスタへの道を歩む。(三重県桑名市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 東建ホームメイトカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。