ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン
期間:02/04〜02/07 場所:ロイヤルミンガラドンG&CC(ミャンマー)

池田勇太 尽力したミャンマー開催の満足度は?

2016/02/07 20:26

ミャンマーのロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブで行われた国内男子ツアーのアジアシリーズ第2戦「レオパレス21ミャンマーオープン」最終日。10アンダーの23位タイから出た池田勇太が6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算15アンダーの8位タイで4日間の戦いを締めくくった。

優勝争いからは遠い位置ながら、日本人ギャラリーを引き連れた池田は序盤からスコアを伸ばした。2番(パー5)のバーディを呼び水に、続く3番(パー3)ではピン奥3mのチャンスをしっかり沈めて2連続。その後もバーディを重ねた。

<< 下に続く >>

終盤3ホールで1つスコアを落とし「上がりが悪すぎ…上がりが悪いと、その1日がどうでもいい気持ちになる」と、いつものように切り捨てたが、日本勢では2位の矢野東に次ぐ順位で終えた。

今大会は冠スポンサー探しから、立ち上げに協力。ツアーは2018年大会までの契約を結んでいる。来年度はミャンマー国内で、開催コースが変更される見通しだ。「思いのほか多くの人に来ていただいた。スポンサーにとっても、我々にとっても、もっともっと良い大会になればいいと思う。もうひとつ活躍できなかったのが残念。来年この悔しさをぶつけたい」と多忙な1週間を振り返った。(ミャンマー・ヤンゴン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!