ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作が新選手会長に就任 人気低迷脱却に意欲

ジャパンゴルフツアー(国内男子ツアー)選手会は6日、東京都内で2016年最初の理事会を開催し、宮里優作が新しい選手会長に就任した。

会長は選手たちの互選により決定した。任期は今回から2年間となった。池田勇太から職務を引き継ぐことになった宮里は「なかなかできない役割ですごく光栄だが不安もある。3年間、池田勇太がプロアマ戦やファンサービスの向上を掲げてきたが、新しい選手が入って、末端まで声が行き渡らなかったところもある。トーナメントを増やすための策を模索したい」と、年間26試合と人気が低迷するツアーの現状からの脱却へ意欲を語った。

副会長には横田真一、近藤共弘、薗田峻輔の3人が選出された。会長職を離れる池田は「力不足で気持ちが届かないところもあった」と目標に掲げていた「年間30試合の開催」にこぎつけられなかったことに無念さをにじませつつ「今後はひとりの(選手会)理事という形で、協力したい。ファンサービスを改革して新体制を支えられるように」とサポートを惜しまない構えを示した。

宮里は次週開催の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」に参戦後、月末からは国内ツアーとアジアンツアーの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」、「レオパレス21ミャンマーオープン」の2連戦に出場予定。3月の世界選手権シリーズ「WGCキャデラック選手権」もエントリーする見通しで、国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」を迎えるまでに忙しい日々を送ることになる。

8月の「リオデジャネイロ五輪」代表入りへのチャンスもあり、会長職とプレーヤーとしての両立は激務になる。「難しい部分はあるかもしれないが、言い訳にしたくない。ツアーのためにどれだけ貢献できるか楽しみ。10年、20年後に男子のトーナメントが増えるような基盤を作りたい」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。