ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン
期間:02/04〜02/07 場所:ロイヤルミンガラドンG&CC(ミャンマー)

ひとつ屋根の下で…山岡成稔は23歳同級生プロと二人きり寮生活

国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管競技「レオパレス21ミャンマーオープン」が4日、ミャンマーのロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブで開幕。ツアー2年目、23歳の山岡成稔(なるとし)が「68」で回り、4アンダーの13位タイと好発進した。

身長183cmの大型プレーヤー。初日は「ショットが乱れず、アプローチもほとんどしなかった」と芝が荒れたコンディションのコースを丁寧に攻略した。ショートパットに苦しみながらも4m前後のチャンスを生かして1イーグル3バーディ、1ボギーでまとめた。

<< 下に続く >>

直前まで待機選手の身分ながら「予約していた飛行機がキャンセルできなかった。する気もなかったんですけど。せっかくビザも取ったし」と、出場権を持たないまま日本を発った。出られなければ1週間、ミャンマーで打ち込むほかなかったが、繰り上がりで出場。わずかな可能性にかけて、はるばる来たかいがあり、自身にとっての今季初戦となった。

山岡には同い年の“戦友”がいる。昨年の「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」で石川遼を破り、ツアーではルーキーイヤーにしてシードを獲得した堀川未来夢とは、日大ゴルフ部で腕を磨いた。

ふたりは昨春の卒業後も、静岡県三島市にある日大の寮に住み込み、全国転戦の合間に後輩選手たちと一緒にトレーニングにいそしんでいる。しかも、住まいは相部屋。寝床は2段ベッドで上が堀川、下が山岡だ。「それが去年は成績に出てしまったかも…今年は頑張って、僕が“上”に行きたいですね」。堀川は今週の出場を回避。「せっかくもらったチャンス。頑張りたい」。下克上にかける思いは切実だ?(ミャンマー・ヤンゴン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!