ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

バッバ・ワトソンはサービス精神も超一流「富士山のコースを見てもらいたい」

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」が12日(木)、静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで開幕する。前日にはプロアマ戦が行われ、2年連続出場のバッバ・ワトソンが早くも日本のファンを魅了した。

2012、14年と「マスターズ」を2度制した世界屈指の飛ばし屋レフティ。米ツアーの平均飛距離を表す「ドライビングディスタンス」では、ツアーに本格参戦した2006年以降、1位を5度、2位も4度記録している。9年ぶりに来日した前年大会では平均311.88yd(各ラウンド指定2ホールで測定)をマークし、2位に8yd差をつけてトップ。スコアでは24位に終わったが、日本のファンに世界のビッグドライブを見せつけた。

<< 下に続く >>

開幕前からワトソンが1Wを握るたびに歓声が沸いたが、この日一番の声援を呼んだのはティショットではなかった。18番はグリーン右手前に池、左奥には3つのバンカーが構える名物パー5。同ホールをバーディで終えると、すぐにグリーン手前の池の前に向かった。自らボールを池に落とし、そこからウォーターショット。60度のサンドウェッジで水しぶきを上げると、ボールは大歓声に包まれながらピンそば50センチについた。

「日本のファンに喜んでもらえてよかった」とサービスを満足げに振り返ったワトソンは、その様子をマネージャーにスマートフォンで撮影させ、自らのSNSにアップした。これは母国、世界中のファンへの気遣いでもあり、日本の関係者を大いに喜ばせるものでもあった。「富士山が見えるこのコースを見てもらいたい」――。

今大会を前に太平洋クラブ名誉会員にも就任した。日本随一の絶景が広がるコースは大のお気に入り。世界遺産、富士の麓で世界のプレーを存分に見せつける。(静岡県御殿場市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!