ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

勝みなみが勝ち方を伝授 金谷拓実がアマVへ好発進!

今年7月に「日本アマチュアゴルフ選手権」で史上最年少優勝を飾った金谷拓実(広島国際学院高校2年/17歳)が、初出場の国内男子メジャー「日本オープン」初日を、ボギーなしの3バーディ「69」で回り、首位と3打差の8位で滑り出した。

「ずっと出たかった試合なので、憧れもあったしワクワクもあった。緊張もした」と初々しい言葉で一日を振り返った金谷。それでも、「日本オープンだし、事前準備がよくできた」と、まだまだ成長の余地を残す薄い胸板を張ってみせた。

<< 下に続く >>

とはいえ、まだ学生。「あまりラウンドする時間がないので…」と、今大会に備えた会場での練習ラウンドは水曜日の1ラウンドのみだった。それでも「事前準備がよくできた」と話すのは、インターネットでコースガイドを見たり、同じ9ホールを使う国内女子ツアー「サントリーレディスオープン」の中継録画を見たりしてイメージを膨らませてきたため。頭の中で何周も18ホールを回ってきたのだという。

まだ体は細いが、体重を落とさないようにと、心掛けているのは毎食2杯のご飯を食べること。「苦痛ですね」とはにかみながら告白したが、アマチュアの試合も含めた連戦の中で体重60kg(身長170cm)は維持できている。

9月には日本代表として同学年の勝みなみとともにイギリスで行われた「デュークオブヨークヤングチャンピオンズトロフィー」に遠征した。これまでほとんど接点がなかったという2人だったが「めっちゃ面白い子で楽しかった」と交流を深めた。

この遠征中、金谷は「どうやって勝ったの?」と、昨年4月に国内女子ツアーで史上最年少優勝を果たした勝に聞いてみたという。すると、勝はおもむろに頭の左上を指しながら、「私、ここら辺にいた(笑)」。この答えで、客観的に自分を見る、もう1人の自分がいた状況を金谷も想像してみることができたようだ。

今週もし金谷が勝てば、「日本オープン」でのアマチュア優勝は赤星六郎以来2人目となり、浅見緑蔵(1928年/19歳9ヵ月)を抜いて史上最年少優勝ともなる。「3日目が終わってそういう位置にいれば…、是非優勝したい」。まだ遠くに見えるゴールだが、いざとなれば、“ここら辺”の金谷が現れるはずだ。(兵庫県神戸市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 日本オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!