ニュース

国内男子RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

博多に負けない 修士・横田真一の肉体改造放談

2015/08/27 19:42


福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で開幕した国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」初日。横田真一が首位に1打差の3位タイで発進した。午後のプレーで7バーディ、2ボギーの「67」。上々の5アンダースタートに口も滑らかになった。

この日の“授業開始”は午後6時前。3月に順天堂大・大学院(医学研究科医科学専攻)の修士課程を修了した43歳は、ホールアウト直後のクラブハウスで、新ネタを何だかもったいぶりながら話し始めた。

1カ月ぶりのツアー再開戦を前に「新たな医学的な“仕込み”をしてきた」とのこと。聞けば今回は「血液検査を受けて生活態度をひとつ改善している」そうだ。以前からの食生活改善も継続した上での取り組み。重要なポイントは「企業秘密すぎて言えない。いまは自分が実験台。結果がコミットされたら言います」と受け流したが、「夏はいつもダメだったのに、きょうは今まで飛んだことがないところまで、飛んだ」と胸を張った。

「若いころとはえらい違いだ。体のために生きている感じ」。毎日飲んでいた酒も、現在では週に2回程度。最高で75kgあった体重も現在は65kgにシェイプアップした。今年の大会のタイトルスポンサーになったのはテレビCMでお馴染み、トレーニングジム運営会社の「RIZAP」。受講はしていないが、修士先生くらいになると下調べは済んでいる。「RIZAP でやっているようなことも、もちろん考えながらやっている。どういう風にやっているか聞いた。“強い痩せ方”を証明したい」

ただし、これも味どころ・博多では実践が難しい。「誘惑がすごい。今週の月、火曜日は耐えられなかった。いっぱい食べるとトータルパワーが落ちる。そこを修復するのが大変。けれど、週1回は体に“食べられるんだ”というサインを送る必要もあって…」。九州の美味の前に完敗したあとは、お湯と水の交代浴で体の血流を回復、促進させるとか。

今年はゴルフに集中し、来年、博士課程に進むかどうかは迷っているところ。

「結論的に言うと、どう血流を上げるということ。自律神経活動を活発にすると、飛距離が出るというのが自分の論文だった」「健康の定義は全身の60兆個の細胞ひとつ、ひとつに、どれだけ良質な血流を上げるかということ」「神経はバランス。どのタイミングで交感神経、副交感神経を有利にするかが大切で」……

授業の続きは、スコアが良ければまたあした。(福岡県糸島市/桂川洋一)

関連リンク

2015年 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~