ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プロゴルフ界初の医学博士へ 横田真一の2足のわらじ

論文作成に追われ練習もできていない横田真 論文作成に追われ練習もできていない横田真一が初日首位タイにつけた

42歳のベテラン横田真一が、国内男子ツアー「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」の初日に6アンダーをマークして、今平周吾パク・サンヒョン(韓国)と並び首位タイとなった。

ツアー通算2勝、2005年から2年間選手会長を務めるなど、ツアーでも人気の選手だが、今季はこれまで4試合しか出場できず、賞金ランキングは144位と低迷している。「今日は自分らしいゴルフじゃないゴルフでした(笑)」。最終9番では13mのバーディパットを決めて満面の笑みでクラブハウスに戻ってきた。

横田は廣戸聡一氏とゴルフスイングを4つのタイプに分類する「4スタンス理論」の研究を行っている。2009年には「もっと知識を深めようと思って」と医学の勉強も始めた。「それからハマったのが交感神経と副交感神経についてですね」。自ら試合前に数値を図り、バランスがどういう状態に良い結果が残せるかを計測し始めた。

「この神経の研究があったからこそ、キヤノンでの優勝があったんです」。2度目のシード権喪失で苦戦していた10年に「キヤノンオープン」で優勝を果たしたが、その後は結果が残せていない。「昨年までの8年間でトップ10入りが2試合しかない。このままでは、ゴルフだけでは食っていけない」と、順天堂大学の小林弘幸教授の薦めもあって、博士号を取得する決意をした。

現在は同大学の修士課程2年目。「来週から大事なファイナルQTがあるんですけど、今はゴルフをまともに出来る状況ではないんです。先週は1度も練習をしていないし、今週は月曜日と水曜日にプロアマに出られたので、火曜日はホテルの部屋にこもって論文作成をしていました」。来月15日には、博士課程に進むための論文を提出しなければならないという。

「プロゴルファーで博士になった人はいますが、医学博士はまだいないでしょ。今回、無事に博士課程に進めたら、最低3年で取得できる。東京五輪までに資格を取れば、なにか仕事が来るんじゃないかな(笑)」

プロゴルファーとしての活動も続けるべく、今週は上位を目指しQTにも挑戦する横田。「あ、もちろん、仕事としての第1はゴルフです。何勝もできるぐらいになったら、ゴルフ1本で行きますよ」。

口ではゴルフ優先と話す横田だが、気持ちはすでに医学博士に向いている。研究の成果を世に広めるには、10年以来の勝利を自ら掴み獲ることが、もっとも説得力がありそうだ。(高知県芸西村/本橋英治)

本橋英治(もとはしえいじ)
1968年4月25日生まれ、牡牛座、B型。水泳、柔道、サッカー、野球、ラグビーを経てゴルフと出会う。21歳で購入したアイアンセットにこだわり続け、現在も使用中。ゴルフの魅力に引き込まれ、99年から仕事でも関わることに。取材で全国(たまに海外)を飛び回り、各地の美味しい食事とお酒を堪能している。

特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~