ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

矢野東、香妻(弟)らが来季出場権 プレーオフは“7日目”へ

2015年の来季国内男子ツアー出場資格を賭けたファイナルQT(出場予選会)が、三重県のCOCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジGCクイーンコースで開催された。最少スコアの通算22アンダーに3選手が並んだが、規定による順位決め(決勝ラウンドのスコア差など)により、トップ通過は通算22アンダーのチャン・キム(米国)。權成烈(韓国)が2位、黄仁春(韓国)が3位となった。

上位35位までが来季リランキングまでの出場資格が与えられることになる。通算19アンダーの4番手で通過したのはアジア勢で唯一メジャー制覇(2009年全米プロ)の経歴を誇るY.E.ヤン(韓国)。日本勢最上位は通算17アンダーの桑原克典で5番手だった。

また、初日に148位と大きく出遅れていた女子ゴルフ香妻琴乃の弟・陣一朗が、7バーディ、ノーボギーの「65」で通算14アンダーとし、前日の41位から14位にジャンプアップして出場権をつかんだ。「今季の終盤にレギュラーツアーで得た経験が生かせました」と話し、来季は姉弟そろってツアー初優勝を狙うことになった。

2週前の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」で優勝争いに加わりながらも、QT出場となった横田真一は最終日にスコアを1つ落としたが、通算14アンダーで19番目の通過。今年賞金シードを喪失した矢野東も、通算12アンダーの28番目で出場権を確保した。

通算11アンダーの30位タイに11人が並び、出場資格の境界線となったため、35位までを決めるプレーオフに突入。1ホール目の10番で富村真治アンジェロ・キュー(フィリピン)、大川詩穏石渡和輝の4人がバーディを奪って勝ち抜け。残り7人で行われた2ホール目の18番パー5で、小西貴紀太田直己ホン・スンサン(韓国)の3人がバーディを奪えず脱落したが、3ホール目で日没サスペンデッドに。邊辰哉細川和彦近藤啓介パク・ベジョンの4人で翌11日8時から再開する。

36位以下が確定した選手には、白佳和井上信横尾要、谷明範、浅地洋佑上平栄道額賀辰徳らがいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。