ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

矢野東 6シーズンぶりの復活Vへ「夢も希望もない」

ようやく晴れ渡った好天を待ちかねたかのように、ビッグスコアが続出した国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」3日目。2位から出た矢野東は3バーディ、3ボギー「71」(パー71)と伸び悩んだが、通算9アンダーで同順位をキープし、6シーズンぶりとなる復活優勝に向けて首位と3打差に踏みとどまった。

2008年には2勝、賞金ランキング2位と賞金王争いにも加わった矢野も、以降はタイトルから遠ざかるシーズンが続いている。今季も賞金ランキングは90位と低迷、02年から保持し続けているシード権(上位60位)も危うい位置にいる。

スランプの要因がショットにあることは、スタッツにも色濃く表れている。08年のパーオン率24位に対し、今季は53位。特にパー4のバーディ率の低下が顕著で、バーディ率は5位から72位と大きくランクを下げている。

今週は、3週間前からスイングの大改造に踏み切った成果が現れている形だが、3日目にスコアを伸ばせなかった矢野の心中は、穏やかではない。「ショットが急にアンコントロールになっちゃって・・・。昨日までができすぎだったんですよ。最終日には、夢も希望もないですね」と、悲観的な言葉ばかりが続いた。

ホールアウト後、テレビ中継のラウンドレポーターを務める丸山茂樹を見かけると、足早に歩み寄ってアドバイスを乞う姿も。「必死ですよ」と吐き捨て、そのままドライビングレンジへと移動した。(千葉市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。