ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、ピンそば20センチに2オンでイーグル締め

2014/11/21 17:11

4カ月ぶりに参戦した国内ツアーで圧倒的な存在感を見せつけている。宮崎県にあるフェニックスCCで開催中の「ダンロップフェニックストーナメント」の2日目、1イーグル6バーディ1ボギーの「64」(パー71)で回った松山英樹は、通算10アンダーとして単独首位に浮上。1打差2位に海外招待選手のジョーダン・スピースらなど後続を従えて、大会を折り返した。

同組の藤本佳則が左肩痛のため後半10番を終えて棄権すると、世界ランク14位のスピースと同20位の松山の2サムでの競演が始まった。10番から17番までの8ホールで、スピースが4バーディを奪い、松山は3バーディ。

<< 下に続く >>

和やかムードで迎えた18番(パー5)のティグラウンドで2人は言葉を掛け合った。「明日も一緒かなぁって話していて。計算したらジョーダンはイーグルが必要だったので、獲れるのかなぁと思っていたんですけどね――」と松山。

松山が残り240yの第2打を4Iでピンそば20cmにつけた後に、スピースは239yを5Wで90cmにぴたりとつける美技の応酬。両者イーグルで締めて「さすがですよね」と微笑んだ。「向こうはちょっと体調が悪いみたいだけど、その中でこれだけスコアを伸ばしてくる。自分も相手を感心させるくらい、良いプレーが出来たらと思う」。1歳下のライバルの存在は、松山の大きな刺激となっている。

ドライバーショットは、「良い感じで打てているけど、まだとんでもないミスも出る」。14番のバーディも、右の林に打ち込んだ第1打が木の幹に跳ねて真横のラフまで戻り、続くショットを1mにつけたもの。それでも、この日の平均飛距離は全体1位の300.50y。2日間通算でも全体2位につけている。「(14番の)セカンド以降、よい感じでプレー出来ているので良いかなと」。

一方のパッティングは、5番、11番、12番と7mほどのバーディパットを沈めるなど、平均パットは1.6667で12位タイ。「短いバーディパットを外したり、納得はいっていないけどそれもゴルフ。長いのが3つ入ったのは良かったと思う」。

松山の中で大きな手応えとなっているのは、両者のバランスだ。米国本土で行われた米ツアーの開幕2戦ではショットは良くて、パットがダメ。アジアシリーズではショットが悪く、パットが復調気配だった。「良い感じでかみ合って来ているのかなと思う」。それはつまり、戦える状態にあるということだ。

「(ホストプロとして)成績を出すのが一番の恩返しだと思っている。それに向けて金曜日から入ってやってきている」。ちょっぴりタイミング悪く、来年に向けた質問が出ると、松山は一瞬戸惑ったような顔をしてから静かに答えた。「今は、この試合で勝つことしか考えていないです」。

あと2日、松山の視界には、松でセパレートされたフェニックスCCの美しいレイアウト以外は見えていない。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!