ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

新ドライバーに自信 松山英樹、調整は「もういらない」

2014/11/20 17:04

上がり5ホールで4バーディ。帳尻を合わせてくるのが、松山英樹の真骨頂だ。宮崎県にあるフェニックスCCで開幕した「ダンロップフェニックストーナメント」初日、序盤に2オーバーまでスコアを落とした松山だが、終わってみれば7バーディ(4ボギー)を奪い返して「68」(パー71)。首位と4打差の3アンダー11位タイと上々の初日を終えた。

「今日くらいバーディが獲れたら、ギャラリーの方も喜んでくれると思うんですけどね」。期待を背負ったホストプロがにっこりと微笑んだ。

この日、松山は1Wをダンロップのニューモデル(スリクソン Z745 ドライバー プロトタイプ)に換え、3W(スリクソン Z F45 フェアウェイウッド プロトタイプ)もチェンジ。「今週、何本もテストして、最後のドライバーがはまった。(クラブの調整は)もういらない」。

後半の7番(パー5/521y)では、ティショットで1Wを振り抜くと、2打目はピンまで残り215y。6Iでピンそば2.5mにぴたりと落とした。ライン上に古いカップ跡があり「直しきれなかった」とイーグルパットはカップの底を叩かなかったが、5番からのバーディを3連続とした。

ショットは好調さを見せているが、グリーン上では「まだしっくりこない」と課題もある。前半14番と、折り返した8番ではそれぞれ3パットのボギーとし、計30パットは松山と同じ3アンダーより良いスコアをマークした選手の中では最多となる。

「ストローク自体はしっかりしていると思う。(スピード、読みは)だいぶ後半になってよくなってきたけど、まあ明日からに向けてですね」。

ショットの不安要素がなくなれば、グリーン上によりいっそう集中できる。首位の背中は、決して遠くはないだろう。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!