ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

棄権も覚悟!谷原流“女子のゴルフ”で単独首位へ

2014/09/19 18:19


国内男子ツアー「ANAオープン」の初日に6アンダーを出して4位タイにつけた谷原秀人が、2日目には5バーディ、1ボギーと4ストローク伸ばして通算10アンダー、単独首位に浮上した。

クラブハウスに戻るなり「明日はいるか分からないですよ」と驚きの発言。初日のラウンド後に首の痛みを訴えていた谷原は、ラウンド後に治療を受けた。「その時は少し楽になったけど、朝起きたら固まっていた。朝も針で治療してもらって少しは良くなったけど、ダメなら(クラブハウスに近い)4番で棄権しようと思っていた・・・」。

「やっぱり全力で振っていないのがいいんだと思う。周り(の選手)はフェアウェイを突き抜けてラフに入ることが多いけど、自分はそこまで飛ばないからフェアウェイから打てているので」。この日は前日痛かった首よりも、肩甲骨周りが痛いというが、ドライバーからアイアンまで通常より10ヤード程度落ちた飛距離でゲームを組み立てている。

ドライバーのシャフトは55グラム。その他のウッド系は10グラム程度軽いものに挿し替えた。「力が入らないので、ウッド系は軽くしました。アイアンは元々軽めだから大丈夫だけど、だいたい1.5番手上げています。8番アイアンで150ヤードだから、“女子プロと同じです”ってキャディに言われました」。

痛みが治まらないだけに、単独首位に立っても表情は浮つかない。「この位置で明日棄権したら、周りの方々にも迷惑をかけてしまう。とにかく治療して、なんとか明日もラウンドしたい。まずは朝起きて、それから練習場でスイングができるかですね」。まずは残り2日間を完走することが最大の目標だ。(北海道北広島市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!