ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

きっかけはシャンクから 片岡大育が確信の好発進

国内男子ツアー「関西オープンゴルフ選手権競技」が22日(木)、兵庫県の六甲カントリー倶楽部で開幕。塚田好宣平塚哲二といったアジアンツアーでも常連選手が好発進を着る中、25歳の片岡大育も7バーディ、2ボギーの「67」で回り、5アンダーの2位タイで滑り出した。

「どうもしっくりこない」。首をひねり続けたショットの状況を打破したのは、意外な1打だった。そこまで4バーディを奪いながら、「ショットが右へ、右へと行っていた」と試行錯誤を続けて迎えた14番。パー5での第3打は、残り100ヤード強から、ピッチングウェッジで“シャンク”させた。

4オン1パットでなんとかパーを拾ったが、スコアよりも大きかったのが、おかげで修正ポイントに気付いたことだったという。「バックスイングが、インサイドに入り過ぎている」。クラブを“立てて使う”ことを意識し、17番からの2連続バーディフィニッシュにも繋げてみせた。

シード権を持つアジアンツアーとの掛け持ちを始めて4年目。今季も既に3試合に出場し、前週「ICTSI フィリピンオープン」では10位に入った。月曜日に帰国し、すぐに今大会を迎えたが「もう、こういうのにも慣れてきた」。1シーズンで貯まる航空会社のマイレージは10万マイル前後。「成績が良かったらビジネスクラスに乗る」なんていうのも、ひとつのモチベーションだ。プロ転向当初から10キロ増えた体重も相まって、逞しさは増すばかりだ。

「気合が入り過ぎるのが悪い癖。優勝争いをして、緊張した時に、1つテンションを下げて平常心でプレーできるか。いい意味での“ゆるみ”が出てくるようになれば、もう少しやれるんじゃないか…」。

依然として勝利には縁が無い。ただ「もう一皮むけることができるんじゃないかって、思います」と言った。自らへの期待は、日々確信めいている。(兵庫県西宮市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2014 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。