ニュース

国内男子ザ・ロイヤルトロフィの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・ロイヤルトロフィ
期間:12/20〜12/22 場所:ドラゴンレイクGC(中国)

グリーン上で貢献の石川遼「勝ち越せて良かった」

アジア選抜と欧州選抜のチーム対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」の初日、1つの球を交互に打つフォアサムマッチに藤田寛之との日本ペアで挑んだアジア選抜の石川遼は、2012年の「ライダーカップ」で名を馳せたベルギーのニコラス・コルサーツと、オーストリアのベルント・ウィスバーガーのペアと対戦して3&2で快勝した。

ダブルスマッチプレーで最も難しいといわれるフォアサムプレー。1ショット毎に打ち手が変わり、対戦相手やパートナーにも気を遣いながら、場合によっては普段使わない球を打つことも求められる。その一方で2人のプレーが噛み合えば、お互いの長所を効果的に生かしてスコアを作っていくことも可能となる。

<< 下に続く >>

この日の石川&藤田ペアはその好例だった。1番(パー5)では石川が2打目を深いラフに曲げたが、藤田が見事なリカバリーで3メートルにつけてバーディ発進。3番(パー3)では藤田がピン下3メートルにつけると、石川が再びこのバーディパットをねじ込んだ。

「ショットはひどかったけど、いくつか良いパットを決めることができた。藤田さんのアイアンがあって良かったです」。終盤、12番、13番と欧州選抜に連続でホールを奪われて一時は2アップまで挽回されたが、「その辺りから気合いが入って、ショットも良くなってきた」と、このペアの懐は深かった。

2アップで迎えた16番は、2オンに成功したアジア選抜に対し、欧州選抜は4オンするのがやっと。石川がファーストパットを50センチに寄せると、欧州選抜はコンシードして潔く負けを認めた。

日本ペアで1マッチを制し、アジア選抜チームとしても3対1と勝ち越して初日を終えた石川の表情は晴れやかだ。「チームが勝つことが一番なので、(マッチの勝利で得られる)1ポイントを取ることに重点を置きました。4マッチしかないし、3対1と2対2では全然違うので、勝ち越せたのは良かったです」。

明日のフォアボールマッチはバーディ合戦が予想される。「バーディを獲るのに必要なのはパットなので」という言葉は、この日好調だったグリーン上への自信とも受け取れる。「今日はプレッシャーが掛かることが多かったけど、明日はとても楽しみです」。積極的なプレーこそ石川の持ち味。連勝への期待が膨らむ一言だった。(中国・広州市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ザ・ロイヤルトロフィ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!