ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、2年ぶりのマスターズ出場が決定

松山英樹が来年度の海外メジャー初戦「マスターズ」の出場権を獲得した。今年度最終週(第52週)の世界ランキングが15日に発表され、松山は自己最高の23位を確保。「前年度末の世界ランキング50位以内」の出場資格をクリアし、アマチュア時代の2011年、12年以来となる3度目の参戦を決めた。

松山の世界ランクはプロ転向当時の今年4月「東建ホームメイトカップ」を終えた時点では159位。その後、国内ツアーで4勝を挙げたほか、海外メジャーで2度のトップ10入りを果たして、順位を上げた。6月の「全米オープン」以降は50位以内をキープし、出場権獲得は確実視されていた。

<< 下に続く >>

松山は16日、都内で行われた日本プロゴルフ協会(PGA)の会員向けセミナーに出席。「(招待状が)まだ届いていないので出られるか分からないじゃないですか」と笑ったが、「でも、1年間頑張ってきた成果だと思う。ここからがまた大変。この順位をむしろもっと上げていかないといけない。今まで以上に練習をして、成績を出さないといけないので、相当な覚悟が必要だと思う。でも、マスターズに出られる位置にいられるのはうれしい」と喜んだ。

その他の日本勢は小田孔明が67位、片山晋呉が77位。石川遼は83位に終わり、来年1月からの米ツアーでのプレーで、6年連続のマスターズ出場を狙う。

外国勢では昨年末の時点で809位だった米ツアーの新人ジョーダン・スピースが22位でフィニッシュ。タイのトンチャイ・ジェイディも46位でオーガスタ行きを決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!