ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

劇的チップインで初勝利!宮里優作「腰が抜けた」

東京の寒空へと舞い上がったボールは、長かった勝利への道筋を描いて消えた。国内男子ツアー「日本シリーズJTカップ」最終日。今季最終戦、第50回の記念大会で、宮里優作が悲願の初勝利を飾った。通算14アンダーの単独首位から出ると、アンダーパーがわずか5人という難コンディションの中を「71」でまとめ、通算13アンダーで逃げ切った。

すり鉢状に整備された自然のギャラリースタンドが待ち構える18番グリーン。最後の試練は東京よみうりカントリークラブの名物ホールで訪れた。2位の呉阿順(中国)に3打差を付け、ダブルボギーでも逃げ切れる場面。しかし、ティショットはグリーン左にこぼれ落ち、左サイドからの第2打アプローチも低く飛び出して、傾斜の強いグリーンに大きな弧を描きながら反対側のラフまで転がっていった。

右ラフからの第3打、ピンまでの距離は6ヤード。わずかに逆目の芝の上をサンドウェッジが勢いよく滑る。フワリと浮かせたボールは、ピン上1メートルに着地し、そのまま急傾斜を下っていく。「とにかく上りのラインから2パットが打ちたい。ピンに当たって止まれ!」。だが次の瞬間、白球はカップに吸い込まれ、歓声を集めた轟音が響き渡った。

雄叫びを上げ、拳を振りおろし、プロ転向後11年目で初めて作った勝利のガッツポーズ。だがすぐにその場に膝をつき、四つん這いになった。「あれが腰が抜けるという感じなんでしょう。足がもう一歩も出なかった」。喜びの涙は、その態勢のまま日焼けした頬を伝った。

沖縄が、いや日本が誇る逸材の待ちに待った初勝利。1994の日本ジュニアで初の日本タイトルを獲得後、日本のトップアマとしての道を歩み続けてきた。東北福祉大時代の2001年に日本アマ優勝、02年には日本学生3連覇を遂げた。

ところが同年末に鳴り物入りで飛び込んだプロの世界では、ただ1勝が遠かった。同門の池田勇太をはじめ藤本佳則松山英樹ら後輩たちにどんどん先を越された。ショット技術は誰もが日本有数の持ち主だと認めている。だが、コースでそれが表現できない。最終組最終日でプレーしたのはこの日が実にキャリアで16度目。いつしか、なかなかチャンスをモノにできない自分のことを「僕は“練習場プロ”」と自虐的に言うようになった。

外野からの計り知れない期待とは裏腹に、いつも胸にはジレンマを抱えていたという。「大学時代は確かに良かった。けれどプロの世界で“優勝”はしていなかった」。アマ時代にはプロツアーで、なんと9度のトップ10入りがある。しかし石川遼や松山、そして実の妹である宮里藍のように、勝ったわけではなかった。「なんとなく、勢いがあっただけ」。勝利への難しさを根本から理解しているのは、本人以外なかった。

だからこそ、1勝のために力を注いできた月日に胸を張る。「焦りは無かった。勝つために何が自分に必要かずっと考えていた。11年かかったけれど、長いと言えば長い。けれど、短いと言えば短かった。毎年、あっという間に1年が終わってしまうから」。近年はショートゲームの向上、メンタルトレーニングに精を出してきた。

ホールアウト直後、同組で優勝を争った大学の先輩・谷原からは「これからが大変だぞ」と声をかけられた。「自分の勝ち方はまだはっきりと分かっていない。とにかくまず2勝目をすることが大事」と宮里は凛と前を見た。プロとしての第2のスタートがいま、切られた。(東京都稲城市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。