ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹はパットに苦戦も7位に浮上

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の予選2日間を通算イーブンパーの9位で折り返した松山英樹が、徐々に本来のリズムを取り戻してきた。3日目を終えて通算2アンダーの7位に浮上し、腫れたアゴが痛々しかった表情にもやわらかさが出てきた。

スタートの1番で2打目をピンの手前1メートルにつけてバーディを奪う上々の滑り出しとなった3日目。4番パー5でもバーディを奪ったが、5番で上り5メートルのバーディパットがカップに蹴られると、6番パー3は2メートルの下りスライスラインが惜しくもカップの左をすりぬけ、7番パー5も2.5メートルが再びカップに蹴られ、立て続けのチャンスをものにできない。

さらに8番でもピン奥2.5メートルのバーディパットを外し、嫌なムードで迎えた9番で下り4メートルのバーディパットを1.5メートルオーバーして、返しのパーパットも外す3パットでのボギーをたたき、ショットが好調な分、グリーン上での流れの悪さが目立つ展開となった。

「パッティングはいい感じで打てているんですけど、それが入らなかったり蹴られたり。ちょっとストレスの溜まる感じはしました」と振り返る松山。後半は我慢のゴルフが続く中、15番で残り165ヤードの2打目をピン30センチにつけて文句なしのバーディ。「あれは完璧でした」と、ずるずるとスコアを落とさなかったことに笑顔を見せた。

松山がホールアウトした時点で、首位を走るルーク・ドナルドは5打差の通算7アンダーまでスコアを伸ばしていた。「明日は8アンダー(「63」)くらい必要になってくるので、それを目指して頑張りたい」と目標を通算10アンダーに設定したが、終わってみればドナルドは通算9アンダーでホールアウト。

松山の計算を元に目標スコアを訂正するならば、最終日は「61」で通算12アンダーが必要となる。これまで2日間では見せることのなかった笑顔が出始めた松山。最終日は7打差を追いかけて、大爆発するしかない。(宮崎県宮崎市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ダンロップフェニックストーナメント

無料プレー券プレゼント!みやざきゴルフマンス

無料プレー券プレゼント!みやざきゴルフマンス
リコーカップが行われる宮崎カントリークラブのプレー券をプレゼント!プレー日はリコーカップ翌日の12月2日。激闘の跡残るセッティングでのプレーという貴重な体験をしませんか。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!