ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ尾崎がツアーでエージシュートを達成!

国内男子ツアー「つるやオープンゴルフトーナメント」の初日、通算113勝を誇り世界ゴルフ殿堂入りも果たしている66歳の尾崎将司(ジャンボ尾崎)が、9アンダー「62」をマーク(パー71)し、レギュラーツアーでは史上初となるエージシュートを達成した。

12番までに7つのバーディを積み重ねた尾崎は、14番で15メートルから3パットでボギーをたたいた。しかし、続く15番パー5は2打目でグリーンのカラーまで運ぶと、2パットでバーディ。16番パー3はピン奥3メートルからのバーディパットを決めて8アンダー。さらに勢いは止まらず17番(510ヤード、パー5)ではピンの右上7メートルに2オン成功しイーグル。最終18番こそボギーとしたが、堂々の記録達成となった。

尾崎60台のスコアをマークするのは、昨年9月の「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」2日目「67」以来。昨年1年間、予選通過は一度もなく、前回の予選通過は2011年「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」。優勝となると02年「全日空オープン」まで遡る。

エージシュート:実年齢以下のスコアで18ホールをラウンドすること
【参考資料】
1985年:中村寅吉(66歳)関東プロシニアゴルフ選手権初日 「65」
2007年:青木功(65歳)日本シニアオープンゴルフ選手権最終日 「65」
2008年:青木功(66歳)鬼ノ城シニアオープン最終日 「66」

関連リンク

2013年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~