ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

優作3位、聖志16位 地元で宮里兄弟は「ホッ」

那覇ゴルフ倶楽部で開催中の国内男子メジャー今季第3戦「日本オープンゴルフ選手権競技」は予選2日間を終え、平塚哲二が通算1オーバーで単独首位に立った。強風と、長いティフトン芝、そして硬いフェアウェイに選手は苦しめられ、予選カットラインは通算13オーバー。そんな中、地元沖縄県出身の宮里聖志、優作の兄弟もしっかりと決勝ラウンドにコマを進めた。

今年の日本アマチュア選手権王者の小袋秀人、そして石川遼と2日間のプレーをともにした弟の優作はこの第2ラウンドで魅せた。7オーバーの46位タイからティオフすると、前半14番までに2つのボギーが先行し、予選カットが気になるポジションに後退。しかし難関15番で2メートルのバーディチャンスを活かす。さらに16番では第2打をフォローの風に乗せてグリーン手前から転がし、ピンそば1.5メートルにつけて2連続バーディ。後半インでは2番、最終9番で2バーディをマーク。2つのボギーを含めた「69」でまとめ、通算5オーバーの3位タイに急浮上した。

<< 下に続く >>

今季初旬に参戦したアジアンツアーでの経験も活き、難易度の高いラフからのプレーにも自信を見せる優作。「地元ということで気持ちもリラックスして回れた。いつもは自分で勝手にプレッシャーをかけてしまうが、今週は本当に楽しんでやろうと。大会が盛り上がってくれれば良いと思っている」。先月21日には、第2子となる長男が誕生したばかり。周囲の注目と期待がいっそう高まる中での上位進出だ。

一方、兄の聖志は「72」で通算8オーバーの16位タイ。追い風の吹く序盤の11番、第1打で300ヤード以上をかっ飛ばすと、残り72ヤードの第2打をサンドウェッジでカップインさせるイーグルを披露。その後は、ボギーを3つに抑えた。ホールアウト後は「せっかく沖縄で大会が開催されているので、僕ら地元の人間が頑張らないと。途中からそれどころじゃなかったけど・・・」と苦笑いも交えながら安堵感を漂わせる。多くの親戚が見守る中でのラウンドを終え「まだ我慢すればチャンスに近づける可能性はある」と力を込めた。

ちなみに、めいっぱいの安堵感を浮かべたのは兄弟だけではない。両親ももちろん同じ思いだ。「2人とも頑張ってくれた。ホッとしました。役目は果たしたかな」とは父・優さん。2人は今大会に参戦するにあたり、6月の「九州オープン」で出場権を獲得。そして決勝ラウンド進出を決めた。2つの重圧から解放された兄弟は、声援を大きな力に変えて、残り2日を戦える。(沖縄県八重瀬町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!