ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明、勝負どころのミスに「しょうがない」

国内男子ツアー「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」の最終日、首位と2打差の3位タイでスタートした小田孔明が、前半からスコアを伸ばし優勝戦線の渦中で奮闘した。

12番でこの日5つ目のバーディを奪い通算17アンダー。首位の小林正則を捉え終盤を迎えた。17番パー3、小田のティショットは左サイドの深いラフに捕まり、2打目はピンを6mオーバー。ボギーをたたいた小田は、最終18番パー5で1打差を追いかける形となった。

310ヤードの豪快なティショットはフェアウェイのセンターを捉えた。2オン狙いの小田は前組がグリーン上でプレーを終えるのを5分程度待ってから、アドレスに入った。残り距離は230ヤード、手にしたクラブは3番アイアンだった。

「4番じゃ届かないし、3番じゃでかい。だから、3番でカット目に打つしかないけど、前下がりで振り切れなかった。球が浮ききらんよ」と言うショットは、グリーンの手前から右サイドに広がる池に吸い込まれてしまった。

「終盤であんなにバーディチャンスがあったのに決めきれなくて、17番で無理してボギーでしょ。肝心なところで外してしまった。18番は初日から良い結果が出ていなかった。しょうが無い。小林先輩が凄すぎた」。18番でバーディを奪っていれば、プレーオフ進出という状況で、小田は「あれは無理してピンを狙ったんじゃなくて、左奥でもいいと思って打ったから、しょうがない。あの一打、悔しいけど次に頑張ります」と、自分自身に煮えたぎる思いを押し殺して帰途についた。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!