ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

あわやプレーオフ辞退!先走ったリャン・ウェンチョン

2000年から国内男子ツアーを主戦場として戦うリャン・ウェンチョンは、何度もツアー初優勝のチャンスを迎えたが、あと一歩でその栄冠を掴めずにいた。すると2週前、「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」で、昨年から日本ツアーに出場し、弟分としてかわいがっている呉阿順が、プレーオフで池田勇太を下し中国人選手として、ツアー初優勝を果たした。

「嬉しかったです。中国人選手として優勝したことは本当に嬉しい。自分も大きな刺激をもらいましたので、優勝できるよう頑張ります」と話すリャン。しかし、そのリャンは先週の「ANAオープン」で、優勝のチャンスを自らの判断で逃すことになりそうだった。

4日間通算15アンダーでホールアウトしたリャンは、ホールアウトした時点で自分よりも上位に3人いることもあり、早々に帰り支度を済ませ千歳空港に向かった。すると、JGTO(日本ゴルフツアー機構)から電話連絡を受ける。「リャンさん、プレーオフになるかもしれないのですが、どこにいますか?」と。知らせを受けたリャンはすでに空港に着いていたため、急いで戻ってもコースまで40分はかかる状態。

「焦りましたよね。まさか、プレーオフになるとは思っていなかったので。でも、間に合わないので諦めました」と苦笑いのリャン。幸いといって良いのか、藤田寛之が通算16アンダーで優勝を決め、プレーオフにはならなかった。

仮に藤田が最終18番でボギーをたたいていたら、5人でのプレーオフに突入し、そのティグラウンドにリャンだけが現れず、プレーオフ辞退となるところだった。「そういうこともあるので、慌てて帰っちゃだめですね」と、笑って話すリャンではあるが、藤田の優勝という知らせを受けるまでは、自身の早まった行動を悔やむしかなかった。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。