ニュース

国内男子VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

義理堅い藤本佳則 5位後退も「弱音は吐けない」

福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で開催中の国内男子ツアー「第40回VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」3日目。トップとの差2ストロークを追ってスタートした藤本佳則は、3バーディ、3ボギーの「72」とスコアを伸ばせず通算11アンダーで5位タイ。首位のキム・ヒョンソン(韓国)に4打差で最終日を迎える。

第1ラウンドを終えて単独首位。予選2日間を終えて3位に。そしてこのムービングデーはさらに後退。しかし藤本は「今日は一番、ショットに手応えがあった。ストレス無くやれた感じです」と一日を振り返った。

<< 下に続く >>

前半からバーディとボギーが交互に出る展開ながら、グリーン手前の深いラフからパーセーブした7番など得意のショートゲームは健在。時に不規則な転がりをする高麗芝のグリーンでも強気のパットが光る。前日のラウンド後の練習でつかんだ、復調のきっかけになりそうな“ヒラメキ”も「やっていく方向性は出てきたと思う」とコースで確信に変わってきた。「アプローチ、パターでしのげているので良い。ショットは(一晩)寝たら、良くなることもある」と最終ラウンドへの不安は見せない。

日中ギラギラと照りつける太陽は、同大会の“名物”ともいえる試合展開を左右する要素の一つだ。しかし藤本は「暑いは暑いけれど、みんながサポートしてくれているから、そんなこと言ってられないでしょう」と前村直昭キャディをはじめとした周囲に気を配る。「(キャディの)直さん、44歳っすよ。オレ、22歳。なんも重いもの(キャディバッグ)持たずに、暑いって言うてたら、さすがにキレられます。弱音は吐けない。こっちがサポートするくらいじゃないと」

5月の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権」以来となる2勝目に期待がかかる藤本。新人が年間複数勝利を挙げるのは1981年の倉本昌弘以来、99年のJGTO発足後は初となる。「前半でトップに追いつきたい。どれだけ伸ばせるか。追いつけば後半は面白くなると思います」。日頃の感謝の思いを、倍にして返すには絶好のチャンスだ。(福岡県糸島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!