ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

近藤共弘、昨年の手応え「今でもはっきりと覚えています」

昨年大会で、3年ぶりのツアー5勝目を果たした近藤共弘が、ディフェンディングチャンピオンとして、ここ山の原ゴルフクラブに姿を現した。この日、プロアマ戦に出場した近藤は、「もう1年?早いな(笑)。昨年のことは今でもはっきりと覚えています」と、久々の勝利の記憶は今も新しい。

ここ山の原ゴルフコースは、近藤にとって2000年のプロ転向後デビュー戦を飾った思い入れのある場所でもある。「グリーンも速く、フェアウェイはアンジュレーションがあるので、ショット精度が求められるコース」と評すが、「数を回っているので、グリーンさえ読めればスコアは伸ばせると思う」と自信を覗かせる理由は、手に入れたショットの安定性にあった。

足底の痛みに苦しむシーズンが続き、現在も完治には至っていない。「慣れかな。激痛ではないので、うまく付き合っていくしかない」と、トレーニング方法、ショット、スイングを少しずつ変えるなど試行錯誤を繰り返し、「今は飛距離も伸びてきているし、(体も)強くなってきている」と、怪我と向き合うことで、得られた武器もある。

しかしコースの難敵は、コンディションが最高に整えられているグリーンだ。傾斜が強く、硬くて速い。開幕戦では、4日間のうち3日間、パットに苦しんだと話す近藤は「ゴルフはパッティングが大事。スコアに結びつくところだからね」と警戒を強めるも、自身のパットの調子も徐々に調子を取り戻しつつあると言う。

「大会連覇は意識していない。ただやっぱりイメージが良いので頑張れそうな気がしています」と気負わず、明日の開幕に向けて表情は明るい。(兵庫県川西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。