ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌は最終戦出場を期す

国内男子ツアー第24戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」は24日(木)から4日間、高知県のKochi黒潮カントリークラブで行われる。次週の「日本シリーズJTカップ」は今季の優勝者および国内賞金ランキング25位以内の選手しか出場できないため、ほとんどの選手、とりわけ賞金シード権(上位70位)をプレーヤーにとっては、今大会が2011年を締めくくる重要な最終戦となる。

しかし、宮本勝昌にとっても、今大会は極めて大きな意味を持っている。現在のランキングは42位とシード権を気にする必要はもちろんない。

だが宮本は2005年12月の「アジア・ジャパン沖縄オープン」から今大会で151試合連続出場を果たすことになり、これはツアーの最長記録。しかし次週の「日本シリーズ」の出場権を得られなければ、この記録は今大会で途絶えることに。それだけに「可能性がある限り頑張りたい」と意欲を語る。

「日本シリーズだけはこだわりがある。そういうところが記録に繋がっている。可能性は無くは無い」。国内賞金ランク25位のカート・バーンズには約1280万円差。戦う選手会長の思いは届くか。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。