ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

パット決まらず池田勇太は13位に終わる

2011/10/02 17:47


2008年の「コカ・コーラ東海クラシック」で自身初の優勝争いをしてから、自分のプロゴルフ人生が始まったという池田勇太は、今年も初日に首位タイに立ち悲願の優勝に向けて好スタートを切った。しかし、2日目以降はショットが定まらずに上位から脱落。最終日もスタートの1番でボギーをたたいてしまった。

続く2番パー5でバーディを奪い返した池田は、8番パー3でボギーをたたくが、10番から怒涛の3連続バーディで再びリーダーズボードを駆け上がった。この時点で首位とは4打差まで迫ったが、前日の悪夢にも近い16番から3連続ボギーをたたいてしまった。

16番は3m、17番は1m、そして最終18番も1.5mのパーパットがカップに蹴られる不運。通算イーブンパーの13位タイで4日間の戦いを終えることになった。クラブハウスに引き上げてきた池田は、ラウンドの感想を聞こうとすると「やだ」と短く一言。2日連続のノーコメントで会場を後にした。(愛知県みよし市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!