ニュース

国内男子〜全英への道〜ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

首位タイ浮上のキョンテはインコースが苦手!?

2011/06/25 16:38


国内男子ツアー「~全英への道~ミズノオープン」の3日目、前半からバーディラッシュで首位に浮上したのは、昨年の国内賞金王キム・キョンテ(韓国)だった。通算6アンダー、首位と2打差の2位タイでスタートしたキョンテは、1番をバーディでスタートすると、中盤には4、5mのバーディパットが面白いように決まり、8番までに5ストローク伸ばした。

単独首位でスタートした小林正則が苦戦する中、同じ最終組でラウンドするキョンテが単独首位に浮上すると、8番を終えた時点では2位に4打差をつける独走態勢となった。ところが、前日も「全米オープンからの移動など体力的な疲れが出てしまった」と、後半は全てパープレーだったが、この日は9番のボギー以降スコアを伸ばせず、15番でバーディを奪ったが、最終18番パー5でボギーを叩いてしまう。

<< 下に続く >>

「昨日も18番で80センチぐらいのパットを外すミスをしましたが、今日も18番はダメでした」と悪いイメージを持って迎えた18番でスコア伸ばすどころかボギーにしてしまい、追い上げてきたベ・ソンムン(韓国)と並び、通算10アンダーの首位タイでホールアウト。

「アウトよりもインの方が難しいですね。アウトのパー5ではバーディが獲れるけど・・・」と、後半のインコースに若干の苦手意識を持つ。「ショットは良いので、あとはパッティングだけです」と話すキョンテだが、最終日に後半まで優勝争いがもつれたときに、インコースへの苦手意識が出なければ良いのだが。【岡山県笠岡市/本橋英治】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 〜全英への道〜ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!