ニュース

国内男子とおとうみ浜松オープンの最新ゴルフニュースをお届け

首位浮上の矢野東「ゴルフの神が舞い降りたかも」

2011/05/21 17:08


国内男子ツアー「とおとうみ浜松オープン」の3日目に、前日同様6ストローク伸ばした矢野東が、通算16アンダーの単独首位に浮上した。2位に3打差をつけて、2008年「ブリヂストンオープン」以来のツアー通算4勝目を狙う。

7バーディ、1ボギーでラウンドした矢野は「今日は本当に1度もショットでのミスが無かった。ラフに行ったのも狙い通りだし、完璧です。18ホール全てでミスがないのは初めてですね。ゴルフの神が舞い降りたのかもしれないですね」と話す。

コース内の吹きぬける風は予選2日間よりも強さを増し、多くの選手が苦しんでいたが、矢野には全く関係なかった。しかし、「後半はグリーン上が難しかったですね。右曲がるはずのラインが左に行ったり、その逆とか、風でボールの転がりが変わっちゃいますから」と、グリーン上では苦戦したものの、ストレスを溜めることなくスコアを伸ばしてきた。

前日の会見で「決勝ラウンドは作戦がない」と話していたが、この日は予選ラウンド同様安全策で行こうと決意してスタートした。しかし、2番、4番、5番とバーディを奪った矢野は「6番で2.5mのバーディチャンスにつけて『これ、入るから』ってキャディに言っちゃったんです。そしたら1mもオーバーしちゃって。あれで気づいたんですよね。いつものイケイケモードになってるって。そこで冷静になれたのが良かった」と振り返る。

6番を終えた矢野は、キャディの小岸氏と話をして、気持ちが入りかけたところを上手く引き戻せたという。3年ぶりの優勝に向けて「欲はありますよ、絶対。でも欲とか気持ち入れたからって、バーディ取れるわけではないし。目標を設定して、ミスの少ないゴルフを目指してやります。ティショットの時はティショット、セカンドはセカンドと、理想の球を打つことをすれば、明日は間違いなく優勝できると思います」。他のプレーヤーのスコアをあまり気にせず、集中したいという矢野が逃げ切りを図る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 とおとうみ浜松オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!