ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

開幕戦を制した高山忠洋「片山さんに勝ちたかった!」

国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」の最終日を単独首位でスタートした高山忠洋が、スタートの1番で幸先の良いバーディを奪った。さらに4番パー5でもバーディを奪い通算9アンダー。この時点で追いかける立場の石川遼片山晋呉は3アンダーまで後退し、その差は6つまで広がった。

「前半はマイペースでスコアを伸ばすことができましたね。でも中盤以降は苦しくなっちゃいました」と振り返る高山。5番、7番とボギーを叩き、その差は少し縮まったが、それでも4打差はキープしていた。ところが、12番パー5で石川、片山ともにバーディを奪ったが高山はバーディを奪えず、続く13番パー3は1オンに成功するもおよそ20mのバーディパットはカップのはるか右に行き、2mのパーパットも外してしまった。

「12番で2人がアプローチでベタピンにつけてときには、さすが歴代賞金王と思いましたね。それで13番は自分のミスですから、だんだん痺れてきました。3人での会話も無くなって、重苦しい空気になりましたよ」と、徐々に優勝へのプレッシャーも感じてきた。

その高山のプレッシャーを押しのけ奮い立たせたのは片山の存在だった。14番で片山がバーディを奪いその差は2つになったとき、高山の中では「これまで何度も晋呉さんには負けてきたけど、今日は負けたくない」という気持ちが強くなったという。

そして15番、6mのバーディパットを沈めた高山は、右手のこぶしを握り締めてガッツポーズを作った。「あれは晋呉さんに見せたガッツポーズですね」。闘争心を体で表現してみせた。「17番でも晋呉さんがイーグルチャンスにつけていましたし、18番も晋呉さんのバーディパットが決まっていたら、苦しくなっていたと思います。でも、あれを外してくれたので、やっと楽になりました」と本音を打ち明ける高山は、最終18番で2mのボギーパットを沈め、ツアー4勝目を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!