ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】2週間で改めて知った、藤田のスゴさ

2010/04/26 21:10


国内男子ツアーの2戦目「つるやオープン」で、早々と今季初勝利を手にした藤田寛之。1993年のプロデビュー戦から9度目のタイトル獲得となるが、その半数近い4勝はここ2年間で重ねたもの。08、09年と2年連続で海外メジャー「全米プロ」予選突破を果たすなど、昨年40歳を迎えたベテランが益々輝きを増している。

その礎となっているのは、藤田の飽くなき向上心だ。常に新しいことに取り組んでいる姿勢や言葉を、トーナメント会場で何度も耳に、目にしてきた。例え上位でラウンドを終えても、取り組んでいる事柄に対して満足できなければ、首をひねりながら課題ばかりを口にする。

<< 下に続く >>

今年も、新しい試みとともに藤田のシーズンは始まった。藤田の唯一の泣き所と言ってもいい飛距離不足。そのハンデを解消するため、開幕戦から長尺ドライバーを採用した。これまでよりも1.5インチ長い、46.25インチのドライバーだ。開幕戦のプロアマ日に、「平均10ヤードは伸びたけど、デメリットもある。それを消せるスイングを考え中です」と試行錯誤の様子。その上で「飛距離の弱さを補うため、しばらくは長尺で行こうと思っています」と決意を固めていた。

開幕戦の初日、藤田は6位タイの好発進。当然、長尺について前向きな言葉が聞けると思いきや、「今日は何も無いですね」と足早にドライビングレンジへと消えた。その様子を知るだけに、今回の優勝は驚き半分、納得が半分。その対応力の速さへの驚きと、短期間でそれだけの練習を積んだのだろうという納得。改めて海外メジャーへの意欲も口にしている藤田は今、誰よりも若々しく見える。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!