ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初日が中止で選手たちは率先してサイン会を実施!

国内男子ツアーの第2戦「つるやオープン」の初日は、朝から降り続く雨の影響でコースコンディションが回復せずに中止が決定した。3度のスタート時間遅延で、11時30分にスタート予定となっていたが、10時30分の時点で中止が決定。クラブハウス前には、選手の姿を一目見ようと多くのギャラリーが垣根を作っていたため、急遽サイン会を行うことになった。

この時間にコース内にいたのは、午前スタート組の選手たち。その中でも最初に登場したのが、現役最年長の杉原輝雄(72歳)だった。サインを始める杉原は、ファンから「がんばってください」と声をかけられると、「もう少しね」と笑顔で返すサービスぶり。杉原に続いて登場したのは、杉原と同じく永久シード選手の倉本昌弘と、特に関西では人気者の井戸木鴻樹の2人。さらに室田淳鈴木亨などベテラン選手が率先してサインに応じた。

<< 下に続く >>

その後、この日のプレーが中止となった経緯などがJGTOツアーディレクターの小山俊一氏から説明された。「午前4時から10時までに30ミリを超える雨量となりました。今年は日照不足の影響で、芝の発育が思わしくないこともありフェアウェイ、バンカーともに水が溜まっている箇所が多いため」と。

さらに残り3日間で54ホールに短縮したことについては「この時期は日照時間が夏ほど長くないので、3日間で72ホール(4ラウンド)を行うという判断はリスクが高すぎます」と説明を続けた。大会側としては、一昨年に予選2ラウンドが初日の雨の影響で日没サスペンデッドになったこと。さらに昨年は3日目が中止になったことから雨対策も講じてきたが、残念ながら中止と判断せざるを得なかったようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!