ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

三つ巴のプレーオフ、結果を左右したのは・・・

国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」最終日は、小田孔明丸山大輔広田悟による三つ巴のプレーオフに持ち込まれた。最終組の7組前をプレーした広田は、4ストローク伸ばして通算1アンダーでホールアウト。最終組をプレーする小田と丸山を、1時間以上も待つハンデを負っていたのも確かだ。

18番パー4の繰り返しで行われたプレーオフの2ホール目。ティショットを2ホール連続で左のバンカーに打ち込んでいた広田は、続くセカンドショットを大きく右に曲げて池へ。「そんな寒くはなかったし、練習もできたので問題なかったけど、モチベーションを持続するのが問題でした。(待ち時間に)相手のミスを待っている自分がいたんで、こりゃダメだな、って」。まずは、広田が最初の脱落者となった。

<< 下に続く >>

3ホール目も小田・丸山ともに譲らずパーを分け合い、迎えた4ホール目。小田はピン手前4メートル、丸山は左手前5メートルにパーオンし、ともに初と言っていい絶好のバーディチャンスを迎える。惜しくもカップを逸れた丸山に対し、小田がしっかりと捻じ込んで決着。「いつ終わるんだろうと心が折れそうになった。丸山さんはボギーを打つ人じゃないし、バーディ決着だと思っていた。(バーディを)獲れた時にジーンと来ちゃって・・・」。グリーンサイドでしゃがみこみ、目頭を押さえる小田の姿には、プレーオフの精神的な苦しみがにじみ出ていた。

惜敗を喫した丸山も「最後はバーディを獲らないと勝てないと思っていた」と小田と同じ読みだったという。「バーディチャンスは最後だけだったから。その辺だと思います。やっぱり悔しいですね」。バーディ決着という読みは当たったが、その1打は残念ながら小田に奪われる結果に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!