ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】石川遼「今週は風の計算を僕に任せて!」

2009/11/20 18:00


国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」に3度目の出場となる石川遼が大会初日の朝、専属キャディの加藤大幸氏にひとつの提案を持ちかけた。「今週は風の計算を僕に任せてね」と。

石川を含めほとんどのプロは、1ホールごと18ホールの第2打地点からグリーンまでのレイアウトとグリーンの形状の描かれたコースメモをポケットに入れてラウンドする。プロ自身が持つというよりも帯同のキャディがいる場合は、キャディが練習ラウンド時からグリーンの傾斜や芝目などを詳細にメモし、実戦に役立てている。

<< 下に続く >>

この日、石川は随所でコースメモ以外の資料を見ていた。それは、観戦に訪れたギャラリーが手にするコース全体図がプリントされたものだった。「へー、このコースはこんな形になっているのか!?」とラウンド中に見ているだけではなく、石川はこの全体図にこの日の風向きを矢印で書き込んでいたのだ。

海沿いのフェニックスカントリーは一日を通して風が一定方向に吹くことが多い。したがって、スタート前に今日は北からの風と分かると、その向きを分かりやすいように書き込んでおいて、ラウンド中もコース図をひっくり返したり横から見たりして風向きを確認していた。

「いつも加藤くんに任せっきりなので、今週は自分で見ています。以前、一緒に回った選手が使っているのを見て、このほうが全体を捉えられるので分かりやすいと思ったのです。でも、風を理解しても上手くは行きませんね…」。石川は良いと思った事は何でも自分で試すようにしている。

これから何年もこのコースで戦えば、石川の頭の中にコース図も風向きも叩き込まれていくことになるが、今は確認しながらラウンドする石川の姿が初々しい。アマチュアの皆さま、この方法は参考になるのでコース全体図のあるゴルフ場をラウンドする際はお試しください。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!