ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

アマチュアでは大会史上3人目 鈴木晃祐が人生初のホールインワンに「まさかでした」

◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目(22日)◇三甲GCジャパンコース(兵庫)◇7178yd(パー70)

「入ったところは見えました。右奥に乗って、止まるかなと思ったら転がってまさかでした」。蝉川泰果と同じ東北福祉大4年のアマチュア、鈴木晃祐がパー3の17番(193yd)でギャラリーを大きく沸かせた。7Iで放ったティショットはピンの右奥5mに着弾。ボールはグリーンの傾斜でピンに近づいていくと、そのままカップに吸い込まれた。

<< 下に続く >>

滋賀・琵琶湖CCで行われた昨年大会2日目2番で決めたアマチュアの隅内雅人(水戸啓明高)に続く日本オープンでのエース達成。アマチュアでは12年(那覇GC)の小浦和也を含め、大会史上3人目だった。「プライベートを含めても初めて。日本オープンで初めてのホールインワンができて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

11番では、同組の鍋谷太一が2打目を直接カップインさせてイーグルを奪っていた。「それもあって雰囲気も良くていい流れでした。『なんかもってるね』と2人で話していました」とスーパーショットの競演を振り返った。

1イーグル2バーディ、5ボギーの「71」とスコアを1つ落としたが、順位は36位から26位に上げて最終日を迎える。「あしたも今まで通りという感じで冷静に一打一打集中してゴルフができれば」と残る18ホールを見据えた。

関連リンク

2022年 日本オープンゴルフ選手権競技



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!