ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「本当に恥ずかしい」 岩田寛のイライラ吹き飛ばした“パックリ”事件

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 3日目(3日)◇富士桜CC(山梨)◇7541yd(パー71)

前半を終えて1打後退、思いどおりにいかないプレーに岩田寛の怒りは最高潮に達していた。頭に上った血が急激に引いたのは、10番のパーパットを入れたあと。「チャック、開いていたんですよ。本当に恥ずかしい…」

<< 下に続く >>

3打差から出た第3ラウンドは、なかなかゴルフがかみ合わない。9番でティショットをミスしてラフに入れ、ボギーにするとイライラが爆発。「今年で一番イライラしていた」と後半に入ったところで異変に気付く。10番を終えて次のティに向かいながら、新岡隆三郎キャディに「チャック開いてるよ」と指摘された。

「こんなに怒っているのに、開いているって…。ラインを読んでいるときとか、パックリいっていたんだろうな」。前半のイライラはどこへやら、恥ずかしさが怒りを上回る。思い返せば、第2ラウンドの残り3ホールをプレーしていた時からかもしれない…。

動揺しそうな気持ちは、身だしなみを整えたところで切り替えた。ハプニングで冷静さを取り戻し、後半はノーボギーの1イーグル3バーディで通算9アンダー2位に浮上。「あしたはバーディを獲るしかない」と、2014年にツアー初優勝を挙げた大会で今季2勝目に近づいた。

2008年にはプレーオフで藤島豊和に惜敗するなど、なにかと思い出深い富士桜CC。「いまは、チャックのことで頭がいっぱい」と、今年は少し恥ずかしい記憶が刻まれた。(山梨県河口湖町/谷口愛純)

関連リンク

2022年 フジサンケイクラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!