ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】メディアももっと勉強を!藤田が苦言

2009/10/31 19:15


通算8アンダーの2位でホールアウトした藤田寛之が、珍しく憤りを露にしていた。「最後は3パットね。カメラの人が動いて、サードでもタイミングを外されて…。映像を撮りたいっていうのは分かるけど、その前にちゃんとプレー出来る環境を整えないと、本末転倒でしょう」。

藤田が話していたのは、この日の最終18番での出来事。最終組で回る藤田が、レイアップした3打目を打とうとした際、一組前でホールアウトした石川遼を追い掛けていたテレビカメラが、グリーンサイドに戻ってきて、藤田の視界に入ってきた。これを嫌って仕切りなおした藤田だが、3打目はバックスピンが掛かりすぎてピン下10m程に落ちてしまう。

<< 下に続く >>

バーディパットを1.5m程ショートさせると、この大事なパーパットを打つ前にも、再び三脚を取りに来たというテレビクルーの動きが気になり、集中力を欠いてしまう。結局、このホールを3パットのボギーとし、冒頭の怒りの言葉に繋がった。

「それのせいにはしたくないけど、もっと勉強して貰わないと。(メディアとの)勉強会もやっているけど、全く生かされていない。基本中の基本なんだから、ギャラリーの事を言う前に、関係している人たちがしっかりやらないと」。

藤田の言葉はもっともだ。プレーしているのは石川だけでは無い、というのは我々メディアがもっと真摯に受け止めないといけない事実だろう。現場での動きだけでなく、記事の扱いに関しても同様だ。それは、ゴルフ界の発展という共通目標に向けて、関係者が協力して取り組んでいかなければいけない課題といえる。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!