ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

2勝目の重圧はグリーン上で 惜敗の桂川有人は涙目でファンサービス

2022/05/15 16:44


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 最終日(15日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

盤石に思われたサンデーバックナインは唯一のパー5で揺らいだ。後半15番、桂川有人はダブルボギーで単独首位から陥落した。7mのバーディパットで上りを意識するあまり「結構(強く)打ってしまった」と大きくオーバーさせ、計4パット。1打差の通算7アンダー2位でシーズン2勝目を逃した。

<< 下に続く >>

4人が並ぶ首位から一歩抜け出し、重圧はホールを追うごとに高まったという。「プレッシャーはあった。ショットはあまり影響を受けなかったけれど、グリーンでスピードをつかめなかった」。16番(パー3)で今平周吾に再び追いついたが、17番で1.5mのパーパットがカップに蹴られた。決めればプレーオフに突入した最終18番の2m強のバーディパットも、難しい下りのラインだった。

23歳は国内初戦の4月「東建ホームメイトカップ」で2位。うっ憤を「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本」で晴らし、レギュラーツアー1年目にして初優勝を飾った。そして今週はまた惜敗。高いレベルで安定し、序盤とはいえ賞金レースのトップを走る。

「東建も初めてプレーオフに行って負けて、その悔しさをバネに頑張ろうと思ったら優勝できた。またここで、自分から崩して負けたと思うんですけど、また新しい経験。次に良いことがあると信じて、またチャンスを作って次は勝ちたいです」

インタビューに気丈に答え、報道陣の前から離れると、悔しい思いがあふれてきた。たくさんのファンにせがまれたセルフィーに収めた必死の笑顔は、涙目だった。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!